LINEモバイルとスマートフォンで変容するコミュニケーション

LINEでのコミュニケーション

LINEモバイルやLINEアプリでのコミュニケーションは、今や一般的なものです。友人や家族とのコミュニケーションにLINEを使っていない人を見つける方が難しいほどです。LINEやスマホによってコミュニケーションはどうかわったのかを見ていきましょう。

LIEモバイルは主にキャンペーンによってユーザーの認知を集め、拡大していきました。ネットスラングなどと呼ばれるインターネット上の隠語は、BBSやオンラインチャットルームの初期にオンラインで始まりました。さらに7つの文字(電話番号)しか入力できないパーソナルページャの登場により、さらに簡略化されたフォームが広まりました。

多くの日本人はインターネットを介して通信するためにLINEモバイルを使用しています。LINEモバイルのインターネット機能により、LINEをはじめ、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアのWebサイトをチェックしたり、友人や同僚からのコミュニケーションを読み込んだり、迅速な返信を送信したりすることができます。

スタンプや画像によって言葉さえ不要になっている

時には、コミュニケーションはテキストではなく、写真であり、スタンプであったりと、言葉の必要性を完全に取り除いている場合もあります。ブロードバンド機能を備えた携帯電話は、他の人とコミュニケーションするために頻繁に使用されるだけでなく、インターネットバンキングや株取引などにもなくてはならないデバイスとなっています。

最初の電話の唯一の目的は、私たちの存在ではない人と話す方法を提供することでしたが、携帯電話はこの概念をはるかに超えました。ラトガース大学の研究によると、学生は携帯電話の出現以来より頻繁に両親と話をするようになったといいます。特にLINEは親子の垣根を完全に取り払ったともいえます。

携帯電話の欠点は利用料金が1万円近くと高額なことでしたが、LINEモバイルなどの格安SIMの登場によって、価格破壊が起きました。また、各種キャンペーンにより割引価格が適用されることで、携帯電話がこれまで以上に利用者を増やすことが示されています。

LINEモバイル キャンペーン

一方で、コミュニケーションのあり方も変わってきています。10代など若い人にとっては、存在しない人とのコミュニケーションは、同じ部屋の人とのコミュニケーションよりも優先されるといいます。若者は自分の携帯電話を自己表現の方法として使用します。電話の色、サイズ、スタイルは技術やコミュニケーション能力よりも優先されることが多いです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*