日本におけるモバイルキャンペーンの実態

LINEモバイルキャンペーン

LINEやLINEモバイルの急速な普及により、スマートフォン上でのモバイルキャンペーンが急増しています。

日本のモバイル広告は、2019年までに現在の3億2,800万ドルから10億ドル以上に増加すると予想されています。この成長は、日本のモバイル業界の特異な性質のため可能と見られています。

広告主は、セグメント化された通信事業者や米国のような分割されたサービスに関連する問題に負担をかけることはありません。代わりに、広告主は、すべてのモバイルコンシューマーが広告を見ることを可能にする統一されたプラットフォーム標準の恩恵を受けます。

日本のモバイルユーザーは、世界で最も力強い広告消費者です。日本のモバイルユーザーの54%が広告を消費し、44%がモバイル広告リンクを積極的にクリックしています。新しくより洗練された携帯電話モデルの導入により、通信事業者や広告主様は接続速度の向上、リッチメディア、プレゼンテーション、スマートフォン端末を活用して、高度にインタラクティブでコンバージョンの高い広告を獲得できることを期待しています。

googleは数年前に検索とロケーションベースの技術を組み合わせたマッピングサービスを開始しました。オフラインの小売業者は、携帯電話のパワーを活用して、より多くの消費者にアプローチできるようになりました。日本のテレビスポットには定期的に短いモバイルURLが画面上に表示され、視聴者は製品についてより多くの情報を注文したり探すことができます。

地下鉄のポスターから名刺、雑誌広告まで、日本のほぼすべての携帯電話でスキャンして読むことができる特別なモバイルバーコードが印刷されています。これはQRコードと呼ばれています。

ユーザーは単にバーコードをスキャンするだけで、手動でURLを入力する必要はなく、広告主のモバイルサイトに即座に接続できます。モバイルユーザー向けの広告ネットワークは引き続き日本市場に参入しています。モバイルネットワークの中で最も急速に成長しているのは、ファンコミュニケーションのa8netやAdwaysが所有するSmart-Cです。

Smart-Cは、モバイルプラットフォームのアフィリエイトプログラムを専門にしています。現在、日本には80社以上のアフィリエイトネットワークプロバイダがWebとモバイルの両方のサービスを提供しています。これらのプロバイダーは、小売業者がモバイルベースの広告キャンペーンを簡単に作成および管理できるようにし、トラフィックだけでなく実際の取引に対してのみ支払いを行います。現在ではスマートフォンに対応し、より多くのメディアを獲得しています。

モバイルアフィリエイターのプロバイダはすべて、高度なトラッキングとレポート機能を提供しており、多くのWebベースのプラットフォームに対応しています。日本は、モバイル広告やマーケティングの動向を注視する市場です。アンソニートーレスは、名古屋市にあるアフィリエイトマーケティング&コンサルティング事業のMetaFlo Marketing KKの社長です。

近年ではLINEモバイル上での広告成果が高いと話題になっています。LINEは日本人のほぼ半数が利用しているとみられ、そのLINEアプリ上で展開される広告のクリック率の高さは、これまでの広告ネットワークとは比較にならないほどです。同時にLINEモバイルの加入者数も伸びていますが、2018年夏のソフトバンクとの合併がどのような影響を及ぼすかについては未知数です。

ニューヨーク市で生まれ育ったトニーは、1992年以来、日本を永遠の家にしてきました。インターネットマーケティングの場に関わるために、トニーは1999年、Oak Lawn Marketingにオンラインセールスとマーケティング部門を立ち上げました。

3年足らずで、オンライン部門は他のすべての部門よりも収益性が優れていました。トニーがアフィリエイトマーケティングに携わり、すぐにオンライン部門のアフィリエイトベースの販売で月に80万ドル以上を生み出していたのはオークローンの時でした。

このように日本におけるスマートフォン広告キャンペーンは拡大しており、その規模は年々右肩上がりで増えているのです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*